スペインで闘牛を見る方法

スペインの名物の1つに闘牛があります。
旅のスケジュールに入れる人もいるかもしれませんが、闘牛を見ようと思ったら予定をしっかり組んでおく必要があります。
闘牛のイメージが強いスペインとはいえ、いつでもどこでも闘牛をやっているわけではないのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

バルセロナでは闘牛が見られない

バルセロナといえば首都マドリードに次ぐ第2の都市であり、観光面でいえばマドリードを上回っているかもしれません。
バルセロナのみに行くツアーもあるくらい人気の都市ですが、残念ながらバルセロナでは闘牛が見られないそうです。
正確に言えばバルセロナを含むカタルーニャ州では闘牛が見られません。
動物愛護的な思想なのか、2012年から闘牛が廃止されています。
かつての有名な闘牛場もいまはショッピングセンターになってしまったとか。
時代の流れなんでしょうね。
そんなわけで、闘牛が見たい人はカタルーニャ州以外で見る必要があります。

カタルーニャ州以外の都市が旅程に含まれている人は、その都市で見ればいいですが、バルセロナのみのツアーであれば日帰り等で、カタルーニャ州を一時脱出しましょう。

闘牛の公式シーズンは3月中旬から10月中旬まで

闘牛にも実はシーズンというものがあります。
年間通して常に開催されているわけではなく、3月中旬から10月中旬が公式シーズンとされています。
非公式であればこのシーズン以外でも開催されているかもしれませんが、本場スペインの闘牛を見たいと思ったら公式シーズンに行くのが無難ですね。

闘牛は基本的に毎週日曜日に開催

スペインで闘牛を見たという話は、意外と聞きません。
もしかしたら、闘牛が日曜日開催というところに原因があるのかもしれません。
例えばサラリーマンとかだと連休は取りづらいので、時々ある3連休にいくらか有給休暇をつけて旅行に行ったりします。
そうすると必然的に日曜日は移動日であることが多く、この場合闘牛を見ることはできません。
闘牛を見たければ曜日単位でのスケジュール調整が必要ということです。
ただ、場合によっては日曜日以外に開催されることもあるかもしれないので、ここは具体的な日程をよく確認しましょう。

闘牛が見られる時間帯

なんとなく闘牛は日中の特にお昼とかにやっているイメージがありましたが、実は夕方にやっているそうです。
基本的に日没の2時間前に始まり、2時間程度で終わるとのこと。
ちょっと意外ですが、日中ひっきりなしにやっているというわけではないのでこのあたりも注意が必要です。

闘牛は意外とイメージと違う

闘牛についてちゃんと調べてみると、意外とイメージと違う部分がたくさんありました。
これから闘牛を見ようという人にこの情報が役立てばいいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする