【ロシア・北欧旅行記】タリンからヘルシンキへのフェリー移動

タリン・ヘルシンキフェリー

エストニアの首都タリンから、フィンランドの首都ヘルシンキまで、フェリーで移動してみました。

その体験記です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

タリン・ヘルシンキの移動手段

タリンとヘルシンキはフィンランド湾を挟んでお互い対岸に位置しています。

その移動手段は飛行機もしくはフェリーがメインです。

飛行機の場合、飛行時間自体は30分や40分程度。

フェリーだと2時間30分程度です。

飛行機の方が早いようですが、空港に行ったりセキュリティチェックを受けたりといった、飛行以外の時間も考えると、フェリーの方がなんだかんだ早いでしょう。

それに加えて、めったにできない海路での国境越えが体験できます。

お互いシェンゲン圏なので、出入国検査や、パスポートへのスタンプのようないかにも国境越えというイベントはありませんが、船での国境越えがしたくて、フェリーでの移動を選びました。

フェリーの予約

フェリーの予約はインターネットで事前にしました。

「タリン ヘルシンキ フェリー」という検索キーワードで見つかるこちらのページ経由です。

ダイレクトフェリーズ

タリンとヘルシンキ間を結ぶ3社のフェリーを時間と価格で比較できる便利なページでした。

今回は、時間的にちょうどよかった、VIKING LINEを選びました。

船内の様子

船内施設

VIKING LINEの船内の様子を紹介します。

タリン・ヘルシンキフェリー

こちらはロッカー。

スーツケースなんかも預けられるようです。

船を降りる直前になってこの存在に気付いたので、使い方はよくわかりません。

船の中にはいろいろな施設があります。

例えばこちらはクラブ風の部屋。

タリン・ヘルシンキフェリー

ただし、短い航行だからか、ドリンク販売カウンターは空いていませんでした。

この他、ゲームコーナーなんかもあります。

デッキ

せっかくの船旅で天気もよかったので、デッキに出てみました。

タリン・ヘルシンキフェリー

こちらは後方のデッキ。

前方には乗客が立ち入りできるようなデッキは無いようだったので、デッキといえば後方のデッキです。

出航前後はたくさんの人がデッキに集まります。

そして出航してしばらくすると、みんな飽きるからか、船内に引っ込んでいきます。

タリン・ヘルシンキフェリー

出航直後、港を背景にした写真。

タリン・ヘルシンキ間はたくさんの便が往復していて、港に似たような大きさの客船が停泊しています。

見てわかる通りかなりの大きさで、10階以上の階層があります。

普段めったに乗らないレベルの規模で、豪華客船といってもいいレベルなんじゃないでしょうか。

ポケモンのサントアンヌ号のことが思い出されました。

タリン・ヘルシンキフェリー

デッキを俯瞰してみました。

デッキにソファーがあって、ゆったりくつろげます。

ただ、天気はいいものの風があってちょっと寒いので、上着を準備しておきましょう。

さようならタリン

時間になったら船は出航します。

タリン

タリンの姿がだんだんと遠ざかっていきます。

さようならタリン。

タリン・ヘルシンキフェリー

どんどん遠ざかるタリン。

海の上は障害物がないので、水平線の向こうにタリンが消えるまでは結構かかります。

クルージング

タリン・ヘルシンキフェリー

途中、別のフェリーとすれ違いました。

やはり便数の多い航路なんですね。

こんにちはヘルシンキ

航行時間は2時間30分程度。

あっという間に2時間を過ぎて、だんだんとヘルシンキが近づいてきます。

スオメンリンナ島

この写真はヘルシンキの世界遺産である、スオメンリンナ島。

この翌日に行くことになるのですが、その記事はまた改めて。

それにしてもスオメンリンナを遠くから撮っている写真を結構見かけるのですが、あれって、みんなフェリーから撮っているっぽいですね。

どうやって撮っていたのかわかりませんでしたが、フェリーに乗ったら謎が解けました。

ヘルシンキ

ヘルシンキの港と街並みが近づいてきました。

ヘルシンキ大聖堂とウスペンスキー寺院の存在感が特に際立ちます。

そしてここにも大型客船の姿。

もはやだんだん見飽きてきた。

ヘルシンキ

港から東側の街並み。

ヘルシンキ

赤い色の建物が目立ちます。

フェリーのデッキにいると、その高さはビルの10階程度に匹敵して、多くの建物は見下ろす位置になります。

海の上の高い目線から、赤い建物の街並みを見下ろしながら、だんだんと港に近づいていく様子が、魔女の宅急便でキキが見たであろう光景を思い起こさせて素敵でした。

BGMは当然「海の見える街」。

これからヘルシンキで起こる出来事が楽しみです。

以上、タリンからヘルシンキへのフェリー移動の体験記でした。

関連リンク

このブログの、ロシア・北欧旅行記へのリンクはこちらにまとまっています。

このブログでの、ロシア・北欧旅行記の記事を時系列にまとめてモデルコースとして紹介します。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする