【世界遺産検定対策】石見銀山遺跡とその文化的景観

石見銀山

世界遺産検定の受験があって、最近、世界遺産について勉強しています。

石見銀山を訪れた時の話は記事にしてありますが、ここでは、検定対策目線で勉強しなおしてみます。

基本的な内容

世界遺産としての登録名は、「石見銀山遺跡とその文化的景観」。

2007年に文化遺産として登録されました。

所在は、日本の島根県です。

登録基準としては(2),(3),(5)を認められています。

時代の流れ

石見銀山は鎌倉時代末期の14世紀初頭に発見されたと言われます。

発展するのは16世紀で、博多の商人の神谷寿貞が朝鮮半島から呼び寄せたふたりの技術者により、「灰吹法」という技術がもたらされて産出量が上がりました。

戦国時代には、領有をめぐって大内氏、尼子氏、毛利氏が争いました。

その後、江戸時代には、幕府の直轄地として、重要な財源となっています。

産出量のピークは17世紀初頭ですが、その後は産出量が落ちてきます。

江戸時代に鎖国していた影響で、海外の新技術の導入が遅れたため、結果として伝統的な鉱山開発の姿が残ることになり、今日の世界遺産登録につながっています。

精錬技術「灰吹法」

石見銀山は、「灰吹法」という精錬技術があって発展しました。

灰吹法導入以前は銀鉱石のまま出荷していたので、輸送コストが大きくかかり効率が悪かったのですが、灰吹法を導入後は精錬済みの純度の高い銀を出荷できるようになります。

一度鉛に溶かすのが特徴ですが、発生する酸化鉛の粉じんの影響により、作業員は鉛中毒になりがちでした。

産出量

石見銀山の銀産出量のピークは江戸時代初期の17世紀初頭です。

この頃、日本は全世界の3分の1に相当する量の銀を産出していて、そのほとんどは石見銀山からのものでした。

ただし、それでも世界最大の産出量ではなかったようです。

世界遺産としての石見銀山の特徴

石見銀山が世界遺産登録される際、環境との共存という点が特に高く評価されました。

鉱山開発に伴い伐採が無かったわけではありませんが、伐採したらその分植林を行うことで、鉱山として現役だった当時から環境への配慮がなされていたわけです。

これにより、世界遺産登録基準の(5)「人類と環境の交流を示す資産」としての価値を認められています。

ちなみに、日本の世界遺産で(5)の登録基準が認められているのは、他には「白川郷・五箇山の合掌造り集落」のみです。

また、石見銀山は産業遺産ですが、産業遺産としてはアジア初の世界遺産登録となりました。

文化的景観も認められていますが、日本で文化的景観が初めて認められたのはここではなく、「紀伊山地の霊場と参詣道」です。

世界遺産検定で間違えやすいポイント

精錬技術の灰吹法ですが、これは戦国時代に朝鮮からもたらされました。

明治維新の時に欧米から入ってきたわけではありません。

石見銀山での銀精錬に利用するのは鉛で、水銀ではありません。

水銀を利用した精錬技術もありますが、当時の石見銀山では利用されていませんでした。

まとめ

検定対策として「石見銀山遺跡とその文化的景観」について覚えておきたいポイント。

  • 登録基準(5)「人類と環境の交流を示す資産」
  • アジアで初の産業遺産
  • 「紀伊山地の霊場と参詣道」の次に認められた文化的景観
  • 鉛を使った「灰吹法」が朝鮮からもたらされた
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告