海外旅行のおみやげの買い方

海外旅行に行く場合、おみやげを買うことも多いでしょう。
何度か海外旅行を経験して、それなりにおみやげの買い方について知識がついてきたので共有します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

旅行出発前にある程度目星をつける

海外旅行でおみやげを買うならば、日本出国前にでもある程度どんなおみやげを買うかという目星をつけておくのがいいと思います。
どのようなおみやげを買うのかを事前にある程度考えておけば、使う金額もその分はっきりするので、旅行全体の予算のプランニングがしやすくなります。

おみやげの値段相場を知る

旅行先の国についたらまずは宿泊先に行きたいところですが、時間に余裕があれば、空港でおみやげ品売り場を見ておくのがおすすめです。
空港というところは物価が高くなりがちなので、おみやげの値段の上限が、空港での値段を見ることでなんとなくわかるのです。
また、市中でおみやげを買わずに空港で買うという選択もとりやすくなります。
もし空港での値段の相場がわからないと、後で空港で買えばいいやと思って市中で買わずにいると、いざ空港でおみやげを買う際に思った以上に高くなってしまったり、最悪空港では売っていなくて手ぶらで帰国するようなことになってしまいます。

旅の前半での購入は極力避ける

おみやげは旅の前半での購入は極力避けるのがいいでしょう。
前半で買ってしまうと、おみやげかかさばったり重くなったりして、その後の旅行の身軽さがいくらか失われてしまいます。
私の経験上、壊れやすいものなどがもっとも扱いが難しい印象です。

物価の安い町で買う

旅行先の国の中で都市を移動する場合は、物価の安い町でおみやげを購入すると多少お得になると思います。
海外ではおみやげ品に定価はなく、町全体の物価におみやげの値段が連動する部分があります。
そうであれば物価の安い町でおみやげを買った方がお得ですよね。
ただ、この点を重視しすぎると後悔するときもあります。
たとえば物価が高い町での購入を見送った商品が、その次の物価の安い町では売っていないというパターンもあります。
物価云々の論点で話をしましたが、結局は欲しいタイミングで買うというのば一番かもしれません。

迷うケース

物価の安い町が旅の前半に来てしまうと判断がちょっと難しいです。
荷物の軽さを考えると、旅の後半まで購入を控えたいというところ、物価の安くてお得なチャンスが旅の前半に来てしまうという状況になります。
この場合は自分がどちらを重視するかによるでしょう。
荷物の軽さに価値があると考えるのであれば、多少高くても旅の後半の町でおみやげを買い、重くてかさばる荷物の持ち運びは後半に回すということです。

まとめ

単純におみやげ購入といっても、実はいろいろと考えるや、工夫できるところがあります。
おみやげ購入のスキルが上がれば旅はその分楽しくなりますので、いろいろと意識してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする