旅の中の最高の瞬間

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

TAHA HOSTELにこもって終日ティータイム

イラン・シーラーズでの出来事。

シーラーズは、イランの旅のメインイベントとして楽しみにしていた、ペルセポリスに行くための拠点。

ところが、祝祭日情報の考慮がもれていて、ちょうど立ち寄ったタイミングで、大きなイベントにぶつかってしまった。

タースーア―・アーシュラーという宗教上の重要人物の追悼を行う、イランの人たちにとって大事なイベント。

この日はどこのお店も閉まり、町の閑散ぶりは日本のお正月のよう。

イランでのお気に入り料理キャバーブを食べに行くこともできず、何もすることがなくて、ひたすら宿でくつろいでいた。

TAHA HOSTELは紅茶を無料でサービスしてくれるので、中庭のベンチで1日中紅茶をすする。

気温30度を超えるような暑さの中でありながら、ホットで供される紅茶。

日本と違って気温が高くても湿度は低くてからっとしているからか、ホットでも意外と飲める。

イランの人たちに倣って、角砂糖を紅茶に少し浸してかじりながら。

特に凝っているわけではなく、ただのティーバッグで作った紅茶。

乾燥した暑さの中で、世間を忘れてぼんやりしながら紅茶をすする瞬間は、人生の中でかなり贅沢な時間に思えた。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする