ペルーでの高山病対策

ペルーに行った際の高山病対策についての経験談です。

ペルーといえばマチュピチュだったりナスカの地上絵だったりと、昔の文明の跡が見どころの一つです。
そんなペルーですが、高山病についての話をよく聞きます。
こんなに高山病の話題が豊富な旅行先は他にないかもしれません。
それだけ高山病が起こりやすいということです。

なぜ高山病が起こりやすいかというと、ペルーの観光名所のいくつかが標高の高い位置にあるからです。
マチュピチュに行く際に通常経由することになる、クスコの町は標高3000メートル超。
さらには、汽船が走る湖の中で世界最高の標高であるチチカカ湖に臨む町、プーノ。
プーノは標高が富士山より高いです。

このような富士山級の標高が、当然のように高山病を引き起こします。

高山病の症状というのも人によって様々だそうで、頭痛だったり吐き気だったりです。
そして症状の強さも人により、ちょっと気分が悪いくらいのレベルから、観光どころではないというレベルまで様々。

症状のパターンがいろいろとある高山病ですが、発症しないにこしたことはありません。

予防策もいろいろとあります。

急激に標高が上がるのが悪いという考え方から、徐々に標高を上げていくように移動するというのも対策の1つです。
飛行機で一気に目的地に向かうのではなく、標高が中間くらいの途中の町を経由しつつバスのような手段で移動します。
もっともまっとうな対策ではあるのですが、欠点もいくつかあります。
徐々にといっても中継地で最低1泊はする程度でなければ体が順応しません。
そのためスケジュールにかなりの余裕が必要となります。
また適度に観光できるようなちょうどいい町があるとも限らず、あったとしてそこへの移動が簡単かどうかという観点も必要です。

お手軽な対策としては、高山病の薬を飲むことでしょう。
日本でも高山病の薬を処方している病院はあるそうで、出国前に手配することも可能です。
私の場合は、ペルーの玄関口、首都リマの空港で薬を買いました。
搭乗エリアへの入り口の正面に薬局があります。
そこでAcetak(アセタック)というものを買いました。
箱に入っていますが、ばら売りで必要な分だけ買うことができます。
本来高山病の薬ではなく、緑内障の薬らしいのですが、高山病に対しても効果があります。
12時間に1回飲むような頻度だったと思います。
利尿作用もあるようなので、トイレの確保は気を付けましょう。
また、出ていった水分を補給するために水分を取ることも大切です。

薬に頼らない方法もいくつかあります。
酸素が薄いのだということを念頭においての行動です。
高地に移動したら、激しい運動はしないことです。
また、移動直後すぐに寝ないことも必要です。
睡眠がなぜ駄目かというと、睡眠時は呼吸が浅くなってしまい、酸素を十分に取り込めなくなるからです。
数時間だけでも、体を薄い酸素に慣れさせてから眠りにつきましょう。

以上、いろいろな高山病対策でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告