ニューヨーク旅行記

ニューヨークに旅行した時のあれこれ。

往復の飛行機はJALでした。
成田からJFK空港へ。

アメリカの入国審査はやたら偉そうにしている印象です。
入国審査では指紋を取られるということを覚えておきましょう。
まずは親指以外の4本指、そして親指です。
英語が通じないと見るとジェスチャーをかましてきます。
相手が親指を立てたからといって、こちらも親指を立ててスマイルを返している場合ではありません。
親指を装置にあてて指紋を登録しましょう。

空港からニューヨーク市内へはいろいろな行き方があります。
値段、時間、荷物の量なんかをふまえて考えましょう。
タクシーだと空港から市内は定額のようです。

ニューヨークも世界3大都市だけあって飽きません。
自由の女神、メトロポリタン美術館、MOMA、エンパイアステートビル、ワールドトレードセンター跡、などなど。
物価が高くお金がガンガン減っていくのはつらいところ。
ニューヨークパスだったか、お得なチケットがあるので、がっつり観光するならそれの入手を検討するといいでしょう。

日帰りでナイアガラの滝にも行けます。
バッファロー空港まで行き、タクシーをチャーターするなりの方法で移動します。
ナイアガラはカナダ側の方が眺めがいいです。
カナダ側に行くためにはパスポートが必要なので忘れないようにしましょう。
(国内線とはいえ飛行機に乗って行くのであれば忘れないと思いますが。)

アメリカはあまり食事に期待しない方がいいと思います。
ビーフはすごいですが、ビーフ以外はうーんといったところ。
とりあえずステーキを食べておけば、他は特にこれを食べなければという名物は思い浮かびません。
物価も高いことですし、食事は質素にしてもいいんじゃないかと。

クレジットカード発祥の国だけあって、その普及率は高いです。
逆に現金の利用がはばかられるような気分になります。
アメリカに限ったことではないですが、外国では高額紙幣の利用は嫌がられますので、両替の時は高額紙幣は避けるようにしましょう。
お金があっても受け取ってもらえないのでは意味がないですからね。

アメリカ人は当然英語ネイティブなのですが、他の国の人が話す英語にくらべて聞き取りが難しいような感じがしました。
他の国では外国語として英語を話すので、ある意味日本人と同じ立場なのですが、アメリカでは向こうの母国語に合わせているような状態になっているからかもしれません。
妙に相手が偉そうにしているように見えたりもしますが、気にしないようにしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告