海外旅行のお金調達方法

海外旅行の際の、お金の調達方法について。

海外では当然日本のお金は使えません。
そのため外貨を調達することが必要になりますが、その方法がいろいろとありメリットデメリットがあります。

調達のタイミングが一番早いのは、日本で両替をしていく方法。
さらにその両替の場所も様々です。

ポピュラーなところでは銀行での両替があります。
しかしこの方法はおすすめしません。
レートが悪いことがその一番の理由。
そして銀行は平日の日中しか開いていません。
わざわざ銀行で両替をする必要はないでしょう。

意外なところで大黒屋でも外貨を手に入れることができます。
銀行よりちょっとレートがいいんだとか。

後は日本の空港で両替をするという方法もあります。
市中の銀行と比べて目的がはっきり見えている場所なので、市中の銀行より対応している通貨が多いかと思います。
じゃなきゃなんのために空港に両替所を設けるのかという話です。

日本国内での両替に共通して言えることとして、弱い通貨ほどレートが悪くなるということです。
世界で一番強い通貨といえばドルですが、強いだけあって世界のいろいろなところで通用し流通します。
そのため手に入りやすく、日本であってもいいレートで両替することができます。
逆に発展途上国のマイナーなお金は日本に出回ることは少ないでしょう。
そのため、日本国内で両替をしようとするとレートが下がってしまうのです。

さらに話を一般的にするならば、両替をする場合は弱い側の通貨が流通している国で行うのが有利になります。
日本より強い通貨としては、世界の基軸通貨であるドルと、それに続くユーロでしょう。
このあたりは日本でも十分流通しうるので、日本国内で両替したほうがお得です。
逆にドル圏やユーロ圏に行ってしまうと日本円は流通しづらく人気がないので両替のレートが下がります。

日本より弱い通貨の場合はその逆で、例えば発展途上国から見て日本円は信用のある通貨なので人気があり、現地では有利なレートで両替ができます。

通貨の強弱とレートの関係は覚えておくといいと思いますよ。

外国現地で両替する場合も、選択肢については日本国内での両替と似た部分があります。
メジャーな場所としては、空港で両替するか、市中銀行で両替するか、その他両替業者で両替するかです。
外国特有の場所としては、闇両替なんていうものもあるそうです。

旅にお金は欠かせないですが、両替一つとってもいろいろと方法があります。
なかなか奥が深く、両替自体も旅の楽しみ方の一つのような気がしてきました。
お金の調達方法を学んで、旅をより楽しくしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告