ロンドン旅行記

ロンドンに旅行した時のことを思い出しながらいろいろと。

ロンドンには日本から直行便が出ています。
確かブリティッシュエアウェイズを使ったんだと思います。
イギリスといえばご飯がまずいというイメージですが、機内食についてはとりあえず他の航空会社並でした。

ロンドンは入国審査が厳しいです。
帰りの航空券の提示を求められます。
eチケットの控えを見せれば十分なのですが、当時はそんな知識もなく危うくもめるところでした。

通貨はポンドです。
当時は海外旅行初心者だったので、日本で調達していきました。
大黒屋で外貨両替をやっていて、しかもそれが銀行よりレートが良いという噂だったので、大黒屋でポンドを調達しました。
今だったらこんなことはしないで現地でキャッシングをすると思います。

イギリスでびっくりしたのが硬貨の種類の多さです。
ヨーロッパ圏は日本と違って、通貨に2という単位がよく使われます。
日本で2という単位が使われているのは2000円札だけですが、
イギリスでは、2ペンス、20ペンス、2ポンド、20ポンドとすべての桁を網羅しています。
2という単位のせいで、硬貨が8種類もあるのです。
小さい方から、1ペンス、2ペンス、5ペンス、10ペンス、20ペンス、50ペンス、1ポンド、2ポンド。
外国に行くとなかなか硬貨の区別が瞬時につかず、細かい硬貨を使い損ねがちです。
また、98ペンスの買い物に108ペンスを出して10ペンスをもらって財布を軽くするというような、日本では当たり前の技術が普及していないという噂も聞いていました。
そんな事情で、小銭がたまっていく一方で、結局たくさんの小銭を日本に持って帰ってきてしまいました。
またイギリスに行く日は来るのでしょうか。

宿泊はずっとロンドンでした。
一つの都市にすぎないとはいえ、さすがに世界3大都市とか4大都市とか言われるだけあって、見どころがたくさんあります。
初めてのロンドンでしたら、近郊日帰り旅行も含めて1週間くらいいても飽きないんじゃないかと思います。

私の場合は、遠出としてはストーンヘンジに行きました。
鉄道発祥の国での鉄道の旅ということで妙にわくわくしたのを覚えています。
どことなく風情があって、旅をしている感がすごいです。

観光はいいのですが、物価は高いので要注意です。
また、旅の楽しみである食事についてもイギリスの場合は期待しない方がいいでしょう。
フィッシュアンドチップスくらいしか思い出せません。

旅の楽しみとはちょっと違うかもしれませんが、イギリスは朝食に気合が入っています。
朝食をたっぷり食べて、昼食は控えめにし、アフタヌーンティーとスコーンのような間食を楽しむのがいいのかもしれません。

機会があればまた行きたいものです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告