御朱印帳を持って神社仏閣巡り

国内旅行で神社仏閣巡りをする際は、御朱印帳を持つことを検討してみるといいです。
楽しみ方の幅が広がりますよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

御朱印帳

御朱印帳とはなんでしょうか。

神社やお寺では、お参りをしたことを示すために御朱印というものをいただけます。
御朱印をいただくための手帳のようなものを御朱印帳と呼びます。

御朱印帳を持つ楽しさ

御朱印帳を持つと何が楽しいのでしょうか。

御朱印の見栄えは、神社仏閣によってそれぞれことなります。
流れるような達筆で描かれるもの。
いくつものハンコを駆使するもの。
赤と黒だけでなく、カラフルなインクを使うもの。
いろいろと個性があって、眺めているだけでも楽しいです。
また、たいていの場合、お参りをした日付を入れてもらえるので、後から見返して、いつどこにいたという思い出にすることもできます。

注意点

このように、神社仏閣巡りの楽しさを広げてくれる御朱印帳ですが、いろいろとマナーがあります。

スタンプラリーではない

寺社に行っていただくという御朱印帳の性質は、スタンプラリーによく似ています。
そのため、お参りもせずに御朱印だけを目当てに寺社に出向く人もいると聞きます。
御朱印とはあくまでお参りをした証であり、御朱印だけを集めるのは、マナー違反であり罰当たりなことでもあります。
気をつけましょう。

御朱印にかかるお金

多くの場合、御朱印は無料でいただくことはできません。
300円だったり500円だったり、納めることを求められます。
支払うではなく、あくまで参拝者側の気持ちで納めるということになっているようです。
お金が必要であるということを覚えておきましょう。

寺社によっては、納める金額が決まっていない場合があります。
この場合、いくら納めるかの判断が参拝者側に来てしまうので、ハードルが高いです。
300円くらいというのをよく聞くので、それぐらいの金額にしておくのが無難です。
なお、300円ならば300円をちょうど持っているのが望ましいですが、お釣りが出てしまっても大丈夫です。
300円を納めたい場合に、1000円札しか持っていないようであれば、1000円札を出して、「300円お納めします。」と言えばいいのです。

神社とお寺

神社とお寺とでは、御朱印帳を分けた方がいいという意見も聞きます。
私は混ぜてしまっているのですが、各自で判断すればいいような気がします。

まとめ

御朱印帳を持つ楽しさと注意点について紹介しました。
楽しい神社仏閣巡りをどうぞ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする