語学のススメ

海外旅行に行くのであれば、外国語を学んでいくことを強くおすすめします。
外国行くのに外国語ができるのが必須かというと実はそんなことはなく、ガイド付きのツアーだったり通訳がいたりすれば自分が話すのは日本語だけでも大丈夫だったりします。
しかし、外国語ができればいいことがたくさんあります。
この記事で、外国語を身につけて海外旅行に行くことの魅力を少しでも伝えられればと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

現地の人とコミュニケーションが取れる

外国語を学ぶ最大の利点は、現地の人とコミュニケーションが取れることに尽きます。
非日常に飛び込んだわくわく感があり、それだけのために海外旅行に行く意味すらあると思います。
学ぶべき言葉は現地語に限らず、現地でそこそこ通用する言葉であれば大丈夫です。
英語ネイティブの国は意外と少ないのですが、世界中でもっとも通用するので、とりあえず学ぶのであれば英語がおすすめです。

低コストな旅行ができる

相手の言葉が分かると、旅行のコストが下がります。
通訳が不要になるということもありますし、相手に舐められにくくなるということもあります。
例えばお城を見学するような場合に、日本語ガイドツアーであれば高いうえに開催日が限られるような場合でも、英語ツアーであればいつでも参加できて安いというようなことがあります。
単純に需要と供給の関係かもしれません。
ちなみに語学がどうしても身につかないという場合でも、お城のことを日本語のガイドブックでひたすら予習すれば、英語があまり分からない人でも英語ツアーに参加してなんとなくガイドの言っていることが分かるということもあります。

現地で語学力が上がる

語学を身につけて楽しい瞬間の一つに、その語学力の成長を感じられる時というのがあります。
一度ある程度のレベルまで語学力を身につけると、後は現地で実際に使っていくだけで語学力が伸びていきます。
話す聞く力に関して、耳や口がチューニングされていくような感覚です。
その国に来たての頃と5日間過ごしたという短い期間でも成長を感じられる時があります。

一人で行動できる

語学力がないと通訳やガイドなしでの行動は難しいですが、語学力があると一人で行動できるようになります。
非日常の中で自由を満喫することができて、旅行の醍醐味を味わえます。

まとめ

いろいろととりとめもなく書いてみましたが、語学力があると海外旅行の楽しさが格段に上がります。
海外旅行に行かないとしても、語学力があって困ることはありません。
是非語学を学んでみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする