チチカカ湖のアマンタニ島はのおまけみたいな扱いなのに実際行ってみるととてもよかった

南米ペルーの南部の町、プーノでのアクティビティとしては、チチカカ湖ツアーが最初の候補に挙がります。
ツアーの種類もいろいろで、日帰りでウロス島だけ行くものから、1泊2日の旅程にして、アマンタニ島とタキーレ島にも寄るものまで様々です。

せっかくペルーの果てまで行って、日帰りツアーで終わらせるのはもったいないということで、なんとなくアマンタニ島ツアーに参加してみました。
そうしたら意外とアマンタニ島がいいところだったので、その経験を書きます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

チチカカ湖といえば

チチカカ湖といえば、汽船の通行する世界最高標高の湖として知られています。
アクティビティとしては、湖に面した町、プーノからのツアーがあります。
もっとも手軽なツアーは、日帰りでウロス島に行くものです。
このツアーはお手軽さゆえに人が集まりやすいだろうと思いますが、私はマイナーな方である、アマンタニ島まで行くツアーに参加しました。

ツアーの中身

アマンタニ島まで行くツアーの中身はこんな感じです。
1日目の朝にホテルに迎えが来て港に向かいます。
いろいろなホテルで人をピックアップし、マイクロバスがだんだんぎゅうぎゅうになっていきます。
港で船に乗ります。
大体24人くらいのグループだったか。
船はまずウロス島へ。
ウロス島を見た後は、3時間くらい(?)船に揺られてアマンタニ島へ。
アマンタニ島では現地の人の家にホームステイです。
遅めの昼食をいただきます。
夕方になると山登り。
山頂でサンセットを見たらホームステイ先に戻ります。
夕食をいただいて、夜は現地の住民のダンスパーティーに参加。
翌朝もホームステイ先でいただいた後、タキーレ島へ。
タキーレ島を観光し、レストランで昼食を食べたらプーノへに戻ります。

アマンタニ島

アマンタニ島はチチカカ湖に浮かぶ島です。
陸地から離れているため、湖を眺めると水平線が見えます。
そして、アマンタニ島自体について見れば、標高が高いからか、その土地は草木もまばらで荒涼としています。
このロケーションがいいんです。
どでかい湖に浮かんだ荒涼とした大地というのは、まるで世界の果てに来たかのような感覚を覚えます。
安い例えになってしまいますが、ドラゴンボールに出てきそうな風景です。
標高が高いのか空は青く、雲は少ないです。
広い視界の中にあるのは、水平線と青い空、人工物も植物も少ない武骨な大地。

ウロス島からちょっと足を延ばしただけで、こんな素敵な光景に出会えるとは思っていませんでした。
チチカカ湖でツアーに行くなら、アマンタニ島も行ってみるといいですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする